FC2ブログ

ジョウトオープン使用構築

カントークラシック振りのWi-Fi大会参加とブログ更新。
開催数日前にPCのアダプターがぶっ壊れてPCが使えなるトラブルが起こって今回は投げようかと思いましたが
なんとか代わりを見つけることができたので無事参加しました。

今回もメイン・サブの2つで参加しましたが、メインは結果がよろしくなく回線事故も絡んできたので
2日目の途中でメインは切り上げてサブロムに移りました。
そのサブロムのエントリーを日本語の方ではなく、英語版の方でしてしまっていてかなり慌てたシーンも。
それでもサブロムで自分の中でけっこう良い結果が残せたので、サブロム分だけ公開します。

キャプチャ
最高レート1748
最終レート1700くらい
31勝14敗
メンツはこんな感じ。
英語なので当然PGLのデータも英語。構成を日本語に直しつつ、簡単な個別解説。

ヘラクロス・陽気・根性@鉢巻
インファ・メガホーン・岩雪崩・寝言
ASぶっぱ

ジョウトオープンを知ってバンギムドーを1体でごり押せる子が欲しいと思ったのが発端。
フェアリーには一致技両方半減が逆風ですが、そいつらと極力対面させないようにできたので鉢巻の火力で大暴れしてくれました。
毒・火傷をもらうこともあって、そうなると半減でも確1にしたりと惚れ惚れ。
陽気でもB特化ムドーを確2に持っていけるので、後出しから受けを許さない。
意地っ張りならハッサムやニョロトノを確1にできたりしたのですが、すぐ下のギャラ・カイリューあたりに抜かれる方がきつかったので陽気に。
耐久無振りでもサンダーの熱風程度なら耐えるので素直にASぶっぱで良かったですね。

マリルリ・意地っ張り@力持ち@オボン
滝登り・やつあたり・アクジェ・腹太鼓
HAベースでHは4n調整

ヘラに続く第2の物理エースと思ってたんですが、いかんせんヘラの方が使いやすかったし強過ぎました。
カイリューに関してもヌオーで受けさせておけば十分で、バナがいるとどうしても出せなかったです。
バナを牽制できる炎や飛行にしておけば良かったかもしれない。

サンダース・臆病・蓄電@タスキ
10万・ボルチェン・欠伸・シャドボ
CSぶっぱ

カントークラシックに続いて、先手を取りやすい130族は強いと思っていたので今回も投入。
ただ、相手にフーディンでもいない限り、上から殴りたいならゲンガーで十分なことが多くて選出率は低め。
それでもタスキで1回の行動は保証されてるので、選出した時はダメージを与えつつのサイクル回転役、
終盤に上から殴って一掃するなど活躍する場面は多くありました。

ブラッキー・穏やか・シンクロ@残飯
イカサマ・願い事・毒毒・守る
HDベース、D11n調整で残りB

エースとなるヘラ・ゲンガーのつらいエスパー・ゴースト、それから特殊全般を止めるために抜擢。
技構成はブラッキーのメジャーどころばかり。
月光ではなく願い事にしたのはPPの多さ、守る+残飯で回復量の増加、ヌオーと連携してサイクルを回すので味方も回復できるなどの理由からです。
ゲンガーに対して出すことが一番多く、イカサマでタスキを潰した後は道連れすかしの攻防をほぼ毎回やりました。
ヌオーと違って受けに出てから倒すことはあまりなかったですが、サイクルの潤滑油としてこの上ない活躍をしてくれました。
時々、特殊技を受け切れないことがあったので、純粋にD特化で良かったと今では思います。

ヌオー@腕白・天然@ゴツメ
熱湯・地震・自己再生・岩石封じ
HB特化

天然強し。
カイリュー・ハッサム・マリルリ・ギャラ・パルシェンの積みアタッカーを筆頭にバンギ・格闘などの他の物理アタッカー
さらにはサンダー・ダースなどの電気も軒並み止めてくれて頼もしい限りでした。
天然を知らないのか打つ手がなかったのか、上記のやつらがヌオーに突っ張ってくることが多く返り討ちすること多数。
ブラッキーとセットで出すことが多く相性面の補完はありませんが、役割上の補完はぴったりだったと思います。
強いて言うなら熱湯の火傷率が低かったことと、岩石封じをやたら外したことが反省点。

ゲンガー・臆病・浮遊@眼鏡
シャドボ・ヘド爆・マジカルシャイン・トリック
CSぶっぱ

輝石対策と速攻系の特殊アタッカーを探していたら思い当ったのがこの子。
フーディンでも同じことができてSも速いですが、あっちはハッサムのバレパンで動く前に処理される可能性が高い。
ゲンガーは1発は耐える耐久があり、かつ無効タイプが2つあり、フェアリーへの打点もある。
メガなしだとタスキのイメージが強いので、眼鏡の火力で負担をかけやすい。
こんな理由でゲンガーを選びました。ヘラの技が通りにくいフェアリー・毒が多い時はゲンガーの出番でした。


基本選出はこだわりアタッカー、ヌオー、ブラッキーでした。
前述した通りヌオー、ブラッキーだけでけっこうサイクルが回せるので、その最中に上手くこだわりアタッカーに
有利対面を作って負担をかけていくのが勝ちパターンでした。
有利対面だと思っても実は弱点を突かれてしまって返り討ちにされたり、同じこだわりアタッカーにサイクルを崩されたりと
終始安定した立ち回りはできませんでしたが、自分としては1700まで来れたのは大金星でした。

最高レートに到達したのは終盤も終盤。
ラスト数戦で連敗して最終的には1700台にぎりぎりと残ったと思うのですが、十分勝てる試合もあったので悔しい限りです。
普段のレートやWCSではここまで結果を出せないので、またこういう特殊ルールの時は頑張りたいと思います。


KP(79戦分)
手持ちが6体未満の相手もいたので総数にズレあります。
kp1.pngkp2.pngkp3.png
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ルアン

Author:ルアン
ポリゴンZの破壊光線にロマンを求めるどこにでもいる廃人のブログ。
6世代以降はここに書くことが減ったので日々の動向はツイッター(https://twitter.com/luan_egret)をご覧ください。

FC2カウンター