FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビギニングカップ終了

ビギニングカップが終了したのでまとめ記事を。
KPはまた別記事で。
P1060634.jpg
【戦績】35戦25勝6敗4切断(送信中1選出中3)
【レート】1710

今までで一番良い結果で終われました。
今回は開催期間が短いのが不安要素でしたが、満足のいく結果になって嬉しいです。
追記から使用PTを書き連ねていきます。






使用PT
635.gif645-therian.gif134.gif059.gif534.gif376.gif
明確な必勝パターンを持たせるより、環境の中心にいるであろうメンツをメタる感じで組んでいきました。
では個別に見ていきましょう。



サザンドラ・控え目・浮遊@珠
635.gif
【個体値】31-×-31-31-31-31
【努力値】H60-B108-C116-D4-S220
【実数値】175-×-124-176-111-146
【技構成】流星群・大文字・悪の波動・守る
H→16n-1
B→A特化武神のドレパン確2、マッパ低乱2(18%)
C→11n
S→最速80抜き(シャンデラ・マンムー)

ジャパンカップに続き特殊エース。
範囲の広さを活かして珠の火力で有利な相手を潰していくのが仕事です。
調整段階ではドラゴンジュエルでしたが、ブルン・ランクルス、グロスなど単に弱点を突くだけでは倒しきれない相手が多いため珠に変えました。
それによって役割は遂行しやすくなりました。

ただ珠に変えたため耐久調整がズレてしまい、事故ることが何度かありました。
火力も微妙に足りないと思う場面もあったので最初から珠を想定していれば、もっと良い調整があったんじゃないかと反省しています。
それでも事故が多発しなかったのはウインディやシャワーズのサポートがあったからだと思います。



ランドロス・意地っ張り・威嚇@スカーフ
645-therian.gif
【個体値】31-31-31-×-31-31
【努力値】H20-A204-B30-D4-S252
【実数値】167-210-114-×-101-143
【技構成】地震・岩雪崩・とんぼ返り・ステロ
A→H振りボルトを岩雪崩で残飯込確2

威嚇要員であり心強い砂パメタ。
基本は威嚇やスカーフとんぼで相手の場を荒らしていくのが仕事、終盤では全抜き要員としても活躍しました。
構成はATそのものですが、役割はサポートに近かったかもしれません。

このルールではスカーフ一択だと思います。
他の持ち物だとサザンやボルトに上から殴られて落ちることが十分あり得るからです。
スカーフなら逆に上から殴れるようになり、とんぼ・岩雪崩で圧力をかけられるようにしました。
馬鹿力も候補でしたが、他の技と範囲が被っているのと使用後にステータスダウンとこだわり解除の交代を強要されるのが辛く思ったので切りました。

調整中は同族やスカーフシャンデラ警戒で陽気。
ですが、全くと言っていいくらいに遭遇しなかったので意地っ張りにして火力を増強しました。
若干耐久に振っていますが、振り直す時間がなかっただけなので特に調整先はありません。



シャワーズ・図太い・貯水@残飯
134.gif
【個体値】31-×-31-24-31-26
【努力値】H156-B180-C26-D148
【実数値】225-×-113-130-134-83
【技構成】濁流・凍える風・守る・欠伸
H→16n+1
B→A特化ナットのパワーウィップ乱1(6.3%)、A特化グロスの思念確3
C→無振りランドをこご風で確2
D→化身ボルトの珠10万耐え

このPTの肝となったサポート要員。
大会前の記事でも書いたように、このルールで重要な枠になるであろう水タイプは耐久と技が優秀なこの子を選びました。
砂パに範囲技の有効打を持ち、同時に相手の水を封殺できるのがシャワーズの長所です。
耐久は一致弱点を耐えるように調整したら、強化道具込の等倍ダメージも十分耐えるようになりました。

役割としては濁流・こご風になるステータスダウンと2体同時攻撃で圧力をかけること。
Sダウンは特にサザンの大きなサポートとなり、命中ダウンで胞子をかわしたこともありました。
さらに相手のサポート要員の居座りを許さない欠伸。相手の手持ちが少ないほど、欠伸による圧力は上がるので非常に強力でした。

同じサポート要員のウインディの助けがあれば、かなりの場持ち性能があります。
そのため選出率はトップで28/31
弱点の電気・草を他のメンツ(特にウインディ)でうまくカバーできていたからだと思います。



ウインディ・穏やか・威嚇@オボン
059.gif
【個体値】31-29-31-22-31-26
【努力値】H220-B140-D140-S10
【実数値】193-116-118-116-129-114
【技構成】熱風・バークアウト・神速・守る
H→16n+1
D→臆病サザンのジュエル流星耐え
S→準速バンギ抜き

威嚇とサポートの第二号。
デラ・ガモスなどの炎、グロスやモロバへの圧力を高めるためにチョイス。
トノグドラや水ロトムがいないので安定感がありました。

役割はシャワーズと同じく範囲攻撃で圧力をかけること。
特にバークアウトはガモスの蝶舞をチャラにしたり、トリル持ちの超霊(ランクルス・ブルンなど)の火力を削ぐことができて重宝しました。
威嚇と合わせて疑似的に両受けができ、PTの循環を上手くコントロールしてくれました。

神速もボルトの最後っ屁の電磁波や威張るを許さないのが魅力。
最初は神速の火力維持のため生意気を考えてましたが、バンギやデラに抜かれる可能性を少しでも減らしておきたいので穏やかにしました。
実際に穏やかでも最後のとどめには十分な火力がありました。



ローブシン・意地っ張り・根性@格闘ジュエル
534.gif
【個体値】31-31-31-×-31-31
【努力値】H84-A156-B36-D228-S4
【実数値】191-198-120-×-114-66
【技構成】マッハパンチ・ドレインパンチ・岩雪崩・守る
H→16n-1
A→11n
D→臆病サザンの珠流星耐え

このPTの物理エース。主にバンドリ対策として投入。
調整段階では超霊やグロスがきつくて一度外しましたが、ウインディの投入でカムバック。
オボンを取られたため仕方なしにジュエル。
ジュエルマッパでHPが半分以上あるサザンを持っていけたり、ジュエルドレパンで等倍相手にがっつりダメージを与えたりと使いやすかったです。

サブウェポンは範囲が優秀な岩雪崩を採用してますが、実際には格闘技ばっか打っていたので炎のパンチか冷凍パンチでも入れておけば良かった気がしています。あとBの努力値をAに回しても問題なかった気もしています。



メタグロス・意地っ張り・クリアボディ@鉢巻
376.gif
【個体値】31-31-31-×-31-31
【努力値】H236-A228-B22-D20-S4
【実数値】185-202-153-×-113-91
【技構成】思念の頭突き・バレットパンチ・冷凍パンチ・トリック
A→鉢巻思念でH振り武神・モロバ確1
B→意地っ張りドリュの珠ドリル耐え

武神・モロバメタを兼ねた少々変わったグロス。
PTを組んでいる段階で苦しかった上記2体と、相手のサポートを潰すために考えた鉢巻トリック型です。
仮想的に刺さらなくても後続に鉢巻の火力で圧力がかけられ、トリル要員などに押し付けて行動を制限できるのが強み。

冷凍はランドやサザンへの有効打、バレパンは先制技を充実させたいために入れました。
しかし、バレパンの枠は地震が良かったと後悔しています。
あとDを削り過ぎたためサザンの文字で焼き払われることが多かったです。



このPTはサポートのシャワーズ(濁流こご風欠伸)・ウインディ(威嚇バクア)・ランド(威嚇とんぼ)で相手の場をかき乱すことが第一。
そのサイクルの要所に特殊・物理エースのサザン・武神を投入して各個撃破していく。
受けが成り立たないといわれるダブルで耐久頼みな構築を使うのは異端なのかもしれませんが、環境を踏まえて組めば通用すると思えました。

ちなみに一番多い選出の組み合わせはシャワーズ・ウインディ・武神・サザン。
物理や素早い相手が多い時はランドが誰かと入れ替わるというのが基本でした。
はい、全国ダブルKP1位のグロスが完全に空気でした。

他に反省としてはトリル対策が薄かったこと。
防ぐより流すことを意識したため、ハマってしまうとペースを握られたままになってしまいました。
ダブルレートもこのPTを改良して、新たにチャレンジしてみようと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ルアン

Author:ルアン
ポリゴンZの破壊光線にロマンを求めるどこにでもいる廃人のブログ。
6世代以降はここに書くことが減ったので日々の動向はツイッター(https://twitter.com/luan_egret)をご覧ください。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。