FC2ブログ

BW2公式Wi-Fi大会・ビギニングカップ

また間が空いてしまった・・・
BW2の公式大会が開かれるということで久々の更新です。
PGLリンク
大会の詳細は上記のリンクも参照にしてください。
※また前回の大会はイッシュダブル、今回の大会はビギニングカップと呼称します


・BW2のみで参加できる(BWでは参加不可)
・ルールはダブルバトル(出場できるポケモンはBW2のイッシュ図鑑準拠)

今までの大会と違って使用ソフトが制限されています。
使用ポケモンにダブル環境の中心にいる子が参戦して、イッシュダブルとは環境が大きく変わりそうです。


~ビギニングカップに参加できるイッシュ以外のポケモンで注目したい子~
グロス・バンギ
マニュ・キュウコン・クロバット・ウインディ・ジバコ・ルカリオ

上2体は全国ダブル環境でもKP上位なのでビギニングカップでも猛威を奮うでしょう。
今回のルールでは雨・霰は起動要員もエースATが使えません。
それに対して砂パは起動要員(バンギ)もエースAT(ドリュ・ランド)もいるため、砂パの独壇場になる予感がします。


~環境予想的なもの~
イッシュダブルでは飛行タイプの一貫性が強く、めざ飛やジュエルアクロが重宝されていました。
しかし、ビギニングカップではグロス・バンギが参戦し、その一貫性は薄れるでしょう。

逆にグロス・バンギ、そして砂パの主要メンツに一貫性が持てる水タイプが重要になると思われます。
とはいえトノ・水ロトムが使えないため、かなり限られます。
ビギニングカップに出れる耐久がある水タイプ・・・

【ブルン】
おそらく筆頭。
耐性優秀でトリル・再生技も使える。不安要素はバンギに一致弱点を突かれること。

【シャワーズ・ママンボウ】
単タイプの高耐久。
ダブル向けの技を多く覚える。決定力がいまいち。

【マリルリ】
ATの単タイプ。
物理寄りのため威嚇が入るのが難点。

【ラプラス・トドゼルガ】
耐久は高いが、岩・格闘抜群、鋼等倍のため若干きつい。


こんなところでしょうか。
バンギやサザンがきつそうなので、私はシャワーズを検討しています。


・格闘枠
カポがいないため、バンギドリュとサザンに強い武神の需要が高いと予想しています。
イッシュダブルではモロバレルで止まりましたが、三色パンチ解禁で有効打を得ました。ただ、スペースが厳しいと思われます。

速攻系ではやはり叩きテラキ。
神速持ちのルカリオもいますが、ともにグロスが懸念要素ですね。


・ドラゴン枠
イッシュダブルに続き、サザンがトップでしょう。
教え技で馬鹿力・熱風を習得してグロス・バンギに強くなったのは大きいです。


・親父
ボルトルネは化身、ランドは霊獣という感じでしょうか。

ボルトロス→悪戯心で電磁波威張る
トルネロス→馬鹿力で範囲広がる。ダブルなら負けん気も活きるかも
ランドロス→化身で砂パのエースにするより、霊獣で砂パメタにするのが良いかも


ざっと思いついたことを連ねたらこんな感じになりました。
イッシュダブルの記事を見直したり、BW2で新しく解禁された要素をおさらいしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ルアン

Author:ルアン
ポリゴンZの破壊光線にロマンを求めるどこにでもいる廃人のブログ。
6世代以降はここに書くことが減ったので日々の動向はツイッター(https://twitter.com/luan_egret)をご覧ください。

FC2カウンター