FC2ブログ

ファミ通カップ使用PT・その2

ファミ通カップで使用したもう一つのパーティです。
大会前のパーティ調整は先日紹介したガチパを中心にしていたので、こちらのポリ乙パーティは普段フリーで使っていたパーティに少し手を加えただけになっています。
しかし、蓋を開けてみればこちらの方が断然使いやすかったです。
前置きはこれくらいにして追記からパーティ紹介です。



ポリゴンZ・臆病・ダウンロード@ノーマルジュエル
【個体値】29-03-28-30-31-30
【努力値】C248-D30-S232
【実数値】159-77-89-186-99-152
【技構成】破壊光線・10万・冷B・シャドボ
C→ぶっぱ
D→残り
S→最速86抜き(FCロトム)

相棒としてパーティのエースになる・・・はずだったのですが、選出が一番少なかったです。
攻撃性能は申し分なしなんですけど、ガブやラティを筆頭に速攻系のアタッカーが多くてSの関係上なかなか選出できませんでした。
「持ち物がスカーフなら」と思う場面が幾度となくありました。

ちなみにめざ炎個体ですが、超霊対策としてシャドボを搭載しています。
ブルンに対して弱点技を二つ持っているというのは大きなアドバンテージでしたね。


ラティアス・臆病・浮遊@ドラゴンジュエル
【個体値】31-31-30-30-31-30
【努力値】H156 C104 S250
【実数値】175-90-110-142-150-177
【技構成】流星群・サイキネ・めざ炎・日本晴れ
H→16n-1
C→残り
S→ぶっぱ

本来ならガチパの方に組み込む予定だったドラゴン枠です。
日本晴れを搭載しているのは言うまでもなく天候パ対策です。
出すタイミングは基本的に始動要員を倒した後です。耐久はそれぞれドリュウズの珠シザクロ、グドラの珠竜波動まで耐えるので天候を変えて素早さを逆転させれば勝ちの目はあります。

持ち物がハバンならグドラやラティの流星、ガブの逆鱗も耐えます。
私は火力を補うためにジュエルにしています。ここはパーティとの兼ね合いによりますね。


ヒードラン・臆病・もらい火@広角レンズ
【個体値】31-22-30-31-31-31
【努力値】H54-C252-S204
【実数値】173-95-126-182-126-135
【技構成】マグスト・竜波動・大地の力・金属音
H→残り
C→ぶっぱ
S→最速70抜き(ガッサ・パルシェン)

ドラゴン対策の鋼枠+炎アタッカーです。
鋼枠としてとりあえず入れとけばいいか、みたいな軽い感じで一番最後に決めたメンバーでしたが、おそらく一番選出が多かったと思います。
ポリ乙を動きやすくするために格闘への耐性を重視したパーティ編成にしていたのが功を奏したようです。

広角を持たせてまで炎技をマグストにしている理由はパルシェンやガッサをタスキを潰した上で突破できるからです。
それだけでなく輝石などの耐久型に交代を封じて、金属音でDを下げて狩るということもできました。クレセリアまで突破できた時はすごく重宝しました。

さらにドラゴンたちにも対抗できたので、今回のMVPですね。
思いの外ガブの逆鱗読みで出すことが多く、竜波動をめざ氷にしておけば良かったと思いました。
でも竜波動は4世代限定技なので、消すかどうかはまだ未定です。


ヘラクロス・意地っ張り・根性@鉢巻
【個体値】31-31-31-15-22-31
【努力値】H156-A196-D10-S148
【実数値】175-187-95-47-112-124
【技構成】メガホ・インファ・エッジ・シャドクロ
H→16n-1
A→鉢巻インファorメガホH振りトノ確1
D→残り
S→スカーフ時に最速115抜き×3

格闘枠を兼ねた物理のエースアタッカー。
鉢巻の火力で負担をかけていくのが役割なんですが、元々はスカーフとして運用していたのでSが中途半端になっています。
パーティ全体のSが遅く、スカーフのままで良かった気がしています。

仮に鉢巻で運用するにしてももっとSに割いておくべきでした。
そうなるとほぼAS振りになりますが、ラティアスで天候を変えた後のドリュウズやキングドラを抜けるようになります。
これが敗因になった対戦もあり、改良すべき点だと思います。


ギャラドス・慎重・威嚇@残飯
【個体値】31-31-31-02-31-14
【努力値】H180-A50-B124-D156
【実数値】193-151-115-59-154-93
【技構成】滝登り・氷の牙・エッジ・電磁波

耐久重視の電磁波サポーター。
実はHを16n+1に調整しただけで、残りの箇所は誰を想定してこう振ったのか忘れてしまいました。
威嚇による後出し性能が便利で格闘や地面タイプに強く出ることができました。
地面を呼びにくいので電磁波も決まりやすく、アタッカーたちの補助もしてくれて頼もしかったです。

大会を通して痛感したのは挑発がないこと。
けっこう身代わりなどの補助技を絡めてくる相手と対面することが多く、電磁波をスカされてペースを握られました。
挑発があれば厄介なHDカバも封じられるので、氷の牙かエッジと変えるつもりです。


ヨノワール・慎重・プレッシャー@帯
【個体値】31-31-28-06-31-28
【努力値】H244-A252-D14
【実数値】151-152-154-65-172-64
【技構成】影打ち・地震・炎P・冷P
H→8n-1
A→ぶっぱ
D→残り

以前から使用している物理アタッカー。
構成はとあるサイトの丸パクリです。攻撃範囲が広くポリ乙との相性補完もそれなりに良いので、フリーでも重宝している子です。
この子は前に紹介記事を書いたので詳しくはこちらを参考にしていただくとありがたいです。


~総評~
昨日のパーティと違い、ポリ乙を中心に耐久の高い子を集めた感じです。
普段使っているパーティを元にしているので使いやすかったです。やはり後出しで出せる子が多いというのは個人的に安心感があります。

課題はすでに述べたようにパーティ全体のSが低いこと。
後出し性能が高くとも交代を読まれたり、急所をもらったりで押し負けることも多いです。
速攻系アタッカーの補充、あとは細かな技の調整をすればもっと上手くパーティが回せそうです。思い切ってポリ乙に高速移動でも入れてみようかな。


bw116.jpg
最終戦績→66戦43勝20敗3切断
最終レート→1670
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ルアン

Author:ルアン
ポリゴンZの破壊光線にロマンを求めるどこにでもいる廃人のブログ。
6世代以降はここに書くことが減ったので日々の動向はツイッター(https://twitter.com/luan_egret)をご覧ください。

FC2カウンター