FC2ブログ

ちょった変わった輝石ポリ2

久々のパーティ紹介。
以前厳選を終えたと書いためざ闘ポリゴン改め、格闘メタ輝石ポリ2です。
構成などは続きからになっています。

bw112.jpg
図太い・トレース@進化の輝石
【個体値】HP31 攻撃16 防御26 特攻30 特防30 素早さ30
【努力値】HP244 防御162 特防104
【実数値】HP191 攻撃83 防御140 特攻125 特防128 素早さ80
【技構成】シャドーボール・めざ闘68・テクスチャー・自己再生


BWになってから知名度がグンと上がったポリ2
輝石は本当にバランスブレイカーですね。テラキやヘラのインファで落ちないラッキーって何だよ・・・
そんな輝石の対策は主に3つ。

①トリック・はたき落とす・泥棒などで輝石を無力化
②耐久型の天敵、毒毒
③タイプ一致の弱点技でごり押し

こんなところでしょう。
今回育成したポリ2は③、つまり一致格闘技で突破を狙う相手をメタった構成になっています。キーとなる技はテクスチャーです。
テクスチャーは自分が覚えている技のいずれかのタイプになるポリゴン系の固有技です。
そしてこのポリ2の技構成を見てみると・・・

シャドーボール(ゴースト)
めざパ(ノーマル)
テクスチャー(ノーマル)
自己再生(ノーマル)

つまりテクスチャーを使うとゴーストタイプになって格闘無効の輝石ポリ2が完成します。
めざパはどのタイプでも技の分類上ではノーマルタイプとして扱われるので、テクスチャーでめざパのタイプに変化することはありません。
めざ闘を選んだ理由はシャドボと合わせた攻撃範囲が最も広いからです。

弱点を突けなくなった格闘なんてただのカモ!

なんて思いついて育成した当初は調子に乗っていたんですが、実際に実践に投入してみると問題がじゃんじゃん浮き彫りになってきました。
まず輝石ポリ2の対抗策には①と②を取っている人が多く、易々と突破されること多数。

次に火力がとてつもなく低い。
最大火力がシャドボ(威力80)で、ドラゴンなどの等倍高火力や積み技相手にごり押しされることも多かったです。
火力不足を補うために蝶舞バトン、あるいは瞑想バトンを使える子をパーティに入れてもみましたが、それが返ってパーティのサイクルを狂わせてしまいました。


バトルビデオ(輝石ポリ2編)
94-50102-76308
※型の都合上、持久戦なのでダイジェストは簡略化しています。

VSデンチュラ
こんな感じに輝石対策は色々とあります。
自己再生でなく、先にテクスチャーを使ったのはヘラが後出しから出てくると思ったからです。

VSマタドガス
耐久型の不一致技だとこの程度。
輝石なしでもこれだけ耐えるんですから輝石ありだったら相手は溜まったものじゃないですね。
デンチュラの雷で麻痺して動けないことも多かったですが、恐らく鬼火か毒毒を持っていたと思うので、麻痺は結果的にラッキーだったと思います。

VSヘラクロス
ヘラクロスのインファイト!→ポリゴン2には効果がないようだ・・・

これがこのポリ2で一番やりたかったパターンです。
ヘラの場合はもう一つのメインウェポンのメガホもゴーストには半減。輝石を失ったとしてもエッジ程度で落ちる耐久ではありません。


50戦ほどこのポリ2を使いましたが、一番目立ったのは火力不足。
型の構成上、定番の冷凍ビーム・10万、積み崩しの毒毒などを入れることができず辛かったです。
あと輝石持ちは自分に向いてないとも思いました。

もちろん強いことは間違いないです。
でも相手も対抗策をちゃんと持っており、自分にはその対抗策を読む立ち回りがどうにもできません。
相手が使った場合はすごく強くて、自分が使った場合はいまいち使いにくかったりするのって、RPGで何度か経験したことがあります。
あ、ポケモンも一応RPGでしたね。

このポリ2は封印して、またポリ乙中心のパーティに切り替えていきます。
やっぱり時代はジュエル破壊光線ですよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ルアン

Author:ルアン
ポリゴンZの破壊光線にロマンを求めるどこにでもいる廃人のブログ。
6世代以降はここに書くことが減ったので日々の動向はツイッター(https://twitter.com/luan_egret)をご覧ください。

FC2カウンター