FC2ブログ

アタッカーヨノワール

順調に(?)ブログに書くネタがなくなってきています。
前までだと厳選経過とか書いてたりしましたけど、今は全然走っていませんし、書いたとしてもツイッターの方だったりしています。

今日は久しぶりの育成済み紹介。
とは言ってもオリジナリティの欠片もない子です。
bw109.jpg
慎重・プレッシャー・達人の帯
【個体値】HP31 攻撃31 防御28 特攻06 特防31 素早さ28
【努力値】HP244 攻撃252 特防14
【実数値】HP151 攻撃152 防御154 特攻65 特防172 素早さ64
【技構成】影打ち・地震・炎のパンチ・冷凍パンチ


タイトル通りのアタッカーヨノワールです。
元々ヨノワは4世代の頃からアタッカーはいましたが、輝石の登場でヨノワの立ち位置は変わったと思います。

耐久型やるなら輝石サマヨにしとけ

みたいなレッテルが貼られている気がします。
実際に輝石サマヨの耐久は凄まじく対抗手段がないと3タテされてしまうくらい強力です。

そんな訳でヨノワを使うならアタッカー。
元々アタッカーが存在していたのもA種族値が100あり、三色パンチ・地震・岩雪崩・先制技とアタッカー向きの技が揃っていたから。
鈍足の部類でSに努力値を割く必要もないので、持ち前の耐久と広い攻撃範囲を上手く活かせます。


構成は慎重HA振りがベースです。
意地っ張りじゃない理由ですが、慎重にすることで上手い具合に臆病メガネラティオスの流星群を耐えるようになるからです。
Hは火傷・毒の定数ダメージを抑えるために1だけ低くなっています。
そして火力を帯で補強という感じです。
技構成は・・・

タイプ一致かつ先制技の影打ち。
エーフィ、フーディン、スターミー・ラティオス・ムウマージ・ゲンガー・ユキメノコといった速攻系の超霊に刺さります。
H4振りなら全員確2になり、フーディンに至っては乱1(87.5%)になる程です。
上述のようにラティのメガネ流星群耐えになっているので、対面からの殴り合いでは勝てます。

ドラゴン意識の冷凍パンチ。
中でも一番意識すべきガブはH4振りなら乱1(87.5%)、205ガブは冷凍パンチ→影打ちで落とせます。
耐久もASぶっぱのハチマキ逆鱗を耐えるくらいにはあります。

あって損はない炎のパンチ。
炎4倍が狙い目ですが、ハッサムの虫鋼たちは有効打がなく鬼火警戒で逃げます。ナットレイもどうあがいても確2です。
ヨノワの耐性的に虫より鋼に打つ機会が多いです。参考までにH振りグロスは確3です。

こちらもあって損はない地震。
ヨノワの物理技の中で最も安定したダメージソースです。地震ならばH振りグロスも確2になります。


ポリ乙の弱点無効+物理アタッカーとして投入したところ大活躍しています。
攻撃範囲の広さと1発は耐える耐久もあって何もできずに落ちるということはまずありません。相手次第では2タテくらいはしてしまいます。
あとおいしいのが補助技読みの挑発や身代わりで止まらないこと。

惜しむべくはタイプ一致技の火力不足。
ヨノワールが覚える最強の物理ゴースト技はシャドーパンチ(威力60)! シャドークロー覚えません!
禁止伝説の専用技をよこせえええええ!


バトルビデオ(ヨノワール編)
(50-16768-46218)

ただの殴り合いなのでダイジェストは省略します。
アタッカーならこういう感じで突っ張っていけるというのが伝わればと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ルアン

Author:ルアン
ポリゴンZの破壊光線にロマンを求めるどこにでもいる廃人のブログ。
6世代以降はここに書くことが減ったので日々の動向はツイッター(https://twitter.com/luan_egret)をご覧ください。

FC2カウンター